住友生命と言えば旧財閥系で大きな企業グループの一員であり全国展開している大企業のイメージを皆さんお持ちかもしれません。

「女性の働きやすい会社」という世間的なイメージ作りに力も注いでいるようです。
しかし、住友生命は外見を良く見せようと強く意識した経営をしていますが、その中身については会社の中心に近づけば近づくほど腐敗が進んでいる事はほとんど知られていません。

これから少しずつ「住友生命の真実」を皆さんにお伝えしていきます。
本来は内部の自浄能力で腐敗は防止できないとおかしいのですが、残念ながら住友生命は腐敗が進み過ぎてもはや「自浄能力による改善」は全く期待できません。

明日(2月7日)から住友生命の想像を絶する隠蔽体質のひどさについて順次情報をお届けしていきますので皆さん住友生命の真の姿をしっかりご覧になってください。

私はこのブログで住友生命の真の姿が明らかになる事によって住友生命が心を入れ替え、社員・お客様に本当に寄り添う事のできる良い会社に生まれ変わってくれる事を心より願っております。